閉じる

民法改正による成年年齢引き下げ後(令和4年度以降)の結城市成人式典について

令和4年度以降も,20歳を対象に式典を実施します

民法の一部改正により,令和4年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられますが,結城市ではこれまでと同様に,年度内に20歳になる方を対象として式典を実施します。
なお,式典の名称については混乱を避けるため「成人」を使用しない名称に変更する予定です。

対象年齢を20歳とした主な理由

  • 16歳から22歳を対象に成人式の対象年齢について調査(平成30年度世論調査)において,71.9%が20歳での開催を選択しており,対象年代の希望としても従来通り20歳であることが読み取れるため
  • 成年年齢である18歳は高校に進学中のものが多数であり,受験や就職活動など,将来の進路に関わる大切な時期と重なり,多くの新成人が参加することが難しいと考えられるため
  • 県内他市町村においても,多くの市町村が対象年齢を現行通りの20歳としているため

実施時期

令和5(2023)年1月開催の式典から

式典対象者

20歳(この年度中に20歳を迎える方)

<参考>

令和4年度式典(2023年1月開催)対象年齢 平成14年4月2日から平成15年4月1日生まれ 

令和5年度式典(2024年1月開催)対象年齢 平成15年4月2日から平成16年4月1日生まれ

令和6年度式典(2025年1月開催)対象年齢 平成16年4月2日から平成17年4月1日生まれ

 

<参考文献>

内閣府世論調査 平成30年度 成年年齢の引下げに関する世論調査 2 調査結果の概要

https://suvery.gov-online.go.jp/h30/h30-seinen/2-5.html

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 生涯学習係です。

〒307-8501 茨城県結城市中央町二丁目3番地

電話番号:0296-32-1899 ファックス番号:0296-33-3144

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?