健康・福祉

新型コロナウイルスに関連した肺炎について(3月26日更新)

市民の皆さまへ

 新型コロナウイルス感染症について,本市としましても,国や県からの情報をもとに,対応を進めて参ります。

 市民の皆さまにおかれましては,咳エチケットや手洗いなどの通常の感染症対策に努めてください。

 国,県の情報につきましては,下記ホームページを参考にしてください。

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

新型コロナウイルス感染症について(茨城県)

 

茨城県の発生状況について

茨城県内での発生状況につきましては,茨城県ホームページで情報を更新しています。

市民の皆さまにおかれましては,正確な情報に基づき,落ち着いて行動いただくとともに,日常的な予防である咳エチケットや手洗いの徹底をお願いいたします。

また,3月4日以降,海外渡航から帰国された方は,自宅待機にご協力をお願いいたします。併せて,「帰国者・接触者センター」にご連絡ください。

新型コロナウイルス感染症患者の県内発生状況について(茨城県ホームページ)

 

コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすのはこれまで6種類が知られていますが,深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は,感染しても通常の風邪などの重症でない症状にとどまります。

 

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針について

 令和2年2月25日,国の新型コロナウイルス感染症対策本部において,「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が決定されました。

 

潜伏期間

1日〜12.5日(多くは5日〜6日)と言われています。

 

主な症状

発熱,全身倦怠感,乾いた咳,呼吸困難(入院患者など重症例)

 

感染の仕方

一般的には飛沫感染,接触感染で感染します。空気感染は起きていないと考えられています。閉鎖した空間で,近距離で多くの人と会話するなどの環境では,咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。
 
飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ,咳,つばなど)と一緒にウイルスが放出され,他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後,その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し,その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 

感染力

感染力は事例によって様々です。一部に,特定の方から多くの人に感染したと疑われる事例がある一方で,多くの事例では感染者は周囲の人にほとんど感染させていません。

 

一般的な症状と重症化するリスク

発熱や呼吸器症状が1週間前後つづくことが多く,強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多くなっています。季節性インフルエンザよりも入院期間が長くなる事例が報告されています。

罹患しても軽症であったり,治癒する例も多いとされています。一方,重症度は,致死率がきわめて高い感染症(エボラ出血熱等)ほどではないものの,季節性インフルエンザと比べて高いリスクがあります。特に,高齢者や基礎疾患をお持ちの方では重症化するリスクが高まります。

 

予防法

まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後,食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

咳などの症状がある方は,咳やくしゃみを手で押さえると,その手で触ったものにウイルスが付着し,ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので,咳エチケットを行ってください。

※持病がある方,ご高齢の方は,できるだけ人ごみを避けるなど,より一層注意してください。

◎発熱等の風邪の症状がみられるときは,学校や会社を休んでください。

◎発熱等の風邪症状が見られたら,毎日,体温を測定して記録してください。

できていますか?正しい手洗い(茨城県ホームページ)

マスクについて

マスクが購入できず,皆さま大変な思いをしていることと思います。

マスクは,咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。

一方で,WHOからは「せきやくしゃみといった症状がない人は予防目的で学校や駅,商業施設などの公共の場でマスクを着用する必要はなく,マスクをしていないからといって感染の可能性が必ずしも上がるわけではないとし,手洗いの励行や顔や目にむやみに触らないといった衛生上の注意点を守ることこそが最も効果的」と発表されました。

しかしながら皆さまにおける感染への不安は強いと思いますので,市としても予防策として効果的な手洗い方法などの情報提供,デマや噂が流れている中での正しい情報を発信していきます。

咳や発熱など症状がある人に近づかない。人混みの多い場所には行かない。手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。

マスクについてのお願い [PDF形式/153.16KB]

 

 

電話相談窓口

 

  電話番号 受付時間
筑西保健所(帰国者・接触者相談センター) 0296-24-3911 平日9時〜17時
茨城県庁(帰国者・接触者相談センター) 029-301-3200 24時間対応
厚生労働省 0120-565653

9時〜21時(フリーダイヤル)

(土日・祝日も実施)

帰国者・接触者相談センター

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。

 (解熱剤を飲み続けなればならないときを含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※高齢者や基礎疾患のある方は,上記の状態が2日程度続く場合

帰国者・接触者相談センターでのご相談の結果,新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には,専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。

 

※なお,現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり,インフルエンザ等の心配があるときには,通常と同様に,かかりつけ医等に御相談ください。

相談後,医療機関にかかるときのお願い

・帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。

・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか,手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に,マスクやティッシュ,ハンカチを使って,口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 

(妊婦の方へ)

妊婦の方については,念のため,重症化しやすい方と同様に,早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。

(お子様をお持ちの方へ)

小児については,現時点で重症化しやすいとの報告はなく,新型コロナウイルス感染症については,目安どおりの対応をお願いします。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進センターです。

結城1194 〒307-0001 茨城県結城市大字結城1194

電話番号:0296-32-7890 ファックス番号:0296-32-8350

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?