健康・福祉

更生保護と保護司

更生保護とは

 犯罪や非行をした人の地域社会での立ち直りを支えるとともに,犯罪や非行のない誰もが暮らしやすい地域社会づくりをする事業の総称を指します。

 

保護司とは

 保護司法に基づき,法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員であり,更生保護に熱意を持った無給のボランティアです。
 犯罪や非行をした人たちが社会復帰していく際に,保護観察や生活環境調整を行うことで,その立ち直りを地域で支える役割を担っています。また,犯罪や非行防止のために啓発活動を行っています。

 

保護司の活動

  1. 保護観察
    犯罪や非行をした人たちと定期的に面接を行い,更生のための指導を行うとともに,生活上の助言と就労の手助けを行います。

  2. 生活環境の調整
    少年院・刑務所に収容されている人たちが,釈放後円滑に社会復帰できるように,釈放後の生活環境・受け入れ体制を整えます。

  3. 犯罪予防活動
    犯罪や非行の防止と罪を犯した人の立ち直りについて理解を深めるための啓発活動を行います。
    毎年7月の法務省主唱の"社会を明るくする運動"において,市役所や警察,関係団体と連携して広く啓発活動を行っています。

結城市の保護司

 本市では,現在13人が保護司として活動しています。 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは社会福祉課です。

本庁舎1階 〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-34-0416 ファックス番号:0296-33-6628

メールでのお問い合わせはこちら