健康・福祉

在宅医療に関するアンケート調査の結果について

概要

 平成30年2月に結城市民を対象に「在宅医療に関するアンケート調査」を実施しました。

 対象者 結城市在住の20歳以上の方4,000人(無作為抽出) 回収率40.6%

🔴性別

 在宅医療(性別)

 🔴年齢

在宅医療(年齢)

アンケートの主な結果

🔴在宅医療についてご存知ですか?

   在宅医療(1)

 市民の57%が在宅医療について「よく知っている」,ある程度知っている」と回答しています。

🔴在宅医療を希望しますか?

   在宅医療(2)

 市民の約7割が在宅医療を希望しています。在宅医療を希望する市民のうち,約8割の市民は,実現が難しいと回答しています。

🔴在宅医療を希望しているが実現が難しい理由はなんですか?

  在宅医療(3-3)

 約8割の方が,家族に負担がかかることを理由に,実現が難しいと回答しています。

🔴最後を迎える場として,どこを希望しますか?

   在宅医療(4)

 半数近い市民は,自宅で最期を迎えたいと回答しています。
  •  アンケートのすべての設問,結果についてはこちらをご覧ください。

    → 結城市在宅医療に関するアンケート調査報告書(WARD文書/723KB)

 自由記載欄の主な回答

30代男性

詳しい説明や制度について,広報誌などで定期的に紹介してほしい。

各年代ともに「在宅医療についての情報がほしい」との意見が多くありました。

また,実際に在宅療養を利用された方は,肯定的な意見でした。

これを受け,人生の最後を迎える時,その場所の選択肢のひとつとして,「自宅」を希望することができるよう,在宅医療に関する情報発信を継続していくとともに,希望すれば誰もが安心して在宅医療を受けられるよう,関係者と連携しながら体制づくりを今後も進めていきます。

40代女性

自宅で過ごしたいと思う人は多くいると思うが,情報を得ることができず在宅療養などのサービスを知らない人が多い。情報をもっと発信してほしいし,誰でもわかるようにする方法を考えてほしい。

70代男性

両親が在宅医療を利用した。体制がしっかりしており,安心していられた。両親とも長らく生活したところで看取ることができ,在宅医療がますます整備されることを切に希望する。

  • 自由記載欄の主な回答はこちらをご覧ください。

   → 市民アンケート自由記載(WARD文書/16.4KB)

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは地域包括支援センターです。

本庁舎1階 〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-34-0324 ファックス番号:0296-20-8767

メールでのお問い合わせはこちら