閉じる

要支援・要介護認定

介護保険は、40歳以上の方に保険料を納めていただき、介護を必要とする高齢者のくらしを地域ぐるみで支える制度です。

実際に介護の認定を受けて、介護サービスを利用した場合、かかったサービス費用の9割から7割が介護保険から給付され、残る1割から3割を利用者が負担することになります。

 

サービスを利用できる対象者

第1号被保険者…65歳以上の方

  • 身体の障害や認知症などで、介護が必要と認められた方

       介護が必要となった原因を問わず、介護保険を利用できます。

     ただし、交通事故などの第三者行為が原因の場合は、市へ届け出が必要です。

 

第2号被保険者…40歳以上65歳未満で医療保険の加入者

       交通事故などが原因の場合は、介護保険の対象外となります。

 

サービスを利用するための手続き

1.申請

介護保険のサービスを利用するには、要支援・要介護認定を受ける必要があります。市介護福祉課の窓口にて被保険者証とマイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カードを添えて申請してください。(第2号被保険者の方は、医療保険証の写しが必要となります。)

 ○申請書はこちらから

なお、申請は本人や家族のほか、居宅介護支援事業者や介護保険施設、地域包括支援センターに代行してもらうことも可能です。本人以外の方が代理で申請を行う場合、代理人の身分証明書と委任状が必要になります。

 

2.認定調査の実施

本市の認定調査員がご自宅を訪問して、全国統一の調査票(74項目)に基づき、申請者の心身状況等について調査を行います。

 

3.主治医意見書の取得

申請者の主治医に対して、介護に関する意見書を依頼します。

なお、取得に関しては、市が直接依頼しますので申請者の負担はありません。

 

4.介護認定審査会の開催

全国統一のコンピュータによる1次判定と認定調査および主治医意見書をもとに、保健・医療・福祉の専門家で構成される介護認定審査会において、申請者の介護の必要度を総合的に審査・認定します。

 

5.認定結果の送付

介護認定審査会の審査結果を申請者に通知します。

 

6.介護サービス計画(ケアプラン)の作成

要支援・要介護認定された場合、介護度の区分・身体状況・本人や家族の希望等に即し作成された介護サービスの利用計画(ケアプラン)に基づき、サービスを利用します。

この計画は本人・家族が作成するほか、居宅介護支援事業者に依頼することも可能です。

 ○居宅介護サービス計画依頼届出書

施設入所を希望する場合は、入所する施設を選び、本人または家族が直接申し込んで契約することになります。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは介護福祉課 介護認定係です。

〒307-8501 茨城県結城市中央町二丁目3番地

電話番号:0296-54-7001 ファックス番号:0296-20-8767

メールでのお問い合わせはこちら