1. ホーム
  2. 健康・医療・福祉
  3. 保険
  4. 国民健康保険税
  5. 後期高齢者医療制度の創設に伴う保険税の軽減

後期高齢者医療制度の創設に伴う保険税の軽減

 75歳を迎えられた方は、それまで加入していた健康保険の資格を喪失し、後期高齢者医療制度に加入することになります。

 後期高齢者医療制度の創設に伴い、国保被保険者の保険税負担が急に増えることがないよう、次のような軽減制度が設けられています。

 

  • 被用者保険の扶養に入っていた方に対する減免について

 会社の健康保険などの被用者保険に加入していた方が、後期高齢者医療制度に加入することにより、その扶養家族であった方は新たに国民健康保険に加入することになります。
 この扶養家族の方が65歳以上(「旧被扶養者」といいます。)の場合、申請により保険税が下記のとおり減免されます。

  1. 所得割額が当分の間免除されます
  2. 均等割額が、国保の資格取得日の属する月以後2年を経過する月の間に限り、その半額が減免されます

 ※低所得者世帯に対する7割・5割軽減に該当する世帯について、2は適用されません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課 保険税係です。

〒307-8501 茨城県結城市中央町二丁目3番地

電話番号:0296-34-0381 ファックス番号:0296-49-6718

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る