1. ホーム
  2. くらし・手続き
  3. 税金
  4. 固定資産税
  5. 家屋
  6. 住宅の耐震改修に伴う固定資産税の減額措置

住宅の耐震改修に伴う固定資産税の減額措置

減額措置の対象となる住宅

昭和57年1月1日以前から所在する住宅のうち、平成18年1月1日から令和4年3月31日までの間に、現行の耐震基準に適合した改修工事が行われたものについては、申告することで、改修後、一定の期間、家屋の固定資産税が減額されます(都市計額税は減額されません)。

減額措置の対象となる要件

 1.現行の耐震基準(昭和56年6月1日施行)に適合した住宅であること

2.改修工事費が1戸当たり50万円以上であること

減額される期間と範囲

改修工事が完了した年の翌年度1年分に限り、減額の対象となる住宅用の家屋1戸当たりの面積が120平方メートルに相当する分を限度として、固定資産税の2分の1(平成29年4月1日から令和4年3月31までに改修工事が行われ、認定長期優良住宅に該当することとなったものについては、固定資産税の3分の2)が減額されます。

なお、併用住宅の場合は、居住部分以外の部分(店舗、事務所などに使用している部分)については、減額の対象となりません。

※当該住宅が建築物の耐震改修の促進に関する法律に規定する「通行障害既存耐震不適格建築物」であった場合は、改修工事が完了した年の翌年度から2年度分(平成29年4月1日から令和4年3月31日までに改修工事が行われ、認定長期優良住宅に該当することとなったものについては、翌年度の3分の2、翌々年度の2分の1)が減額されます。

減額されるための手続き

改修工事の完了後3カ月以内に、次の書類を添付したうえで、税務課固定資産税係へ申告してください。

1.領収書の写しとその内訳が確認できる書類

2.現行の耐震基準に適合した工事であることの証明書

※証明書は、建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関、住宅瑕疵担保責任保険法人が発行しています。

3.長期優良住宅の認定書の写し(改修工事により長期優良住宅となった場合のみ)

その他

1.省エネ改修またはバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置を受けたものは対象になりません。

2.この制度による減額は、1戸につき1度限りです。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 固定資産税係です。

〒307-8501 茨城県結城市中央町二丁目3番地

電話番号:0296-34-0431 ファックス番号:0296-49-6719

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る