子育て・教育

紙本著色武者肖像画

しほんちゃくしょくむしゃしょうぞうが

県指定文化財 絵画 No.3

紙本著色武者肖像画

 

結城政朝(1479~1547年)像と伝えられています。当時,流行していた市松模様の敷物の上に直垂(ひたたれ)姿で斜め右に座し,右手に中啓(ちゅうけい)の扇を取り,左手に数珠を持ち,腰刀を差しています。
 政朝が父氏広の跡を継いで15代の当主になったのは満2歳の時です。当時の結城家は結城合戦(1440~41年)によって一時断絶した後,再興は許されたものの所領も大幅に縮小していました。
 また,結城家内部でも重臣の多賀谷和泉守が城代として実権を握り,横暴な振る舞いをしていましたが,明応8(1499)年,政朝は下妻の多賀谷家植(いえたね)とともに和泉守を討ち滅ぼし,ようやく当主として実権を握りました。
 以後,君臣関係の秩序を安定させ,所領の回復に努め,結城氏発展の基礎を固めたので「結城中興の祖」といわれています。

 

指定年月日

昭和32年1月25日

所在地

結城市結城461

管理者

孝顕寺

製作年月日

桃山時代

大きさ

縦54.8cm,横39.7cm

員数

1幅

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化係です。

〒307-0001 茨城県結城市大字結城7473

電話番号:0296-32-1899 ファックス番号:0296-33-3144

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る