1. ホーム>
  2. 結城市消費生活センター>
  3. お知らせ>
  4. 子どもによる医薬品の誤飲事故が増えています!

お知らせ

子どもによる医薬品の誤飲事故が増えています!

事例1

娘がよたよた歩いていたため確認したところ,母親の薬が床に置いたままになっており,抗不安剤が1錠減っていた。娘は救急搬送され,胃洗浄などの処置を受けた後,経過観察のため入院した。

事例2

息子が,パソコンデスクの棚の上の箱に入れていた父親の薬を取り出し飲んでしまった。床にある箱を踏み台にしてパソコンデスクによじ登り,高さ140センチの棚に手が届いたようだ。医療機関で処置を受けた。

 

ひとことアドバイス

  • 医療品の誤飲は,重篤な健康被害の危険があります。子どもは成長段階で,身近なものを何でも口に運ぶ,人を模倣する等の行動特性があります。
  • 保管場所に戻し忘れたものを誤飲する例もあります。服用後は速やかに元の場所に片づけましょう。
  • 子どもの手の届かない場所に薬を置いても,足場になるものを使い取り出すこともあります。鍵のかかる場所に置く,取り出しにくい容器に入れるなど,重ねての対策を講じましょう。
  • 誤飲した場合は,子どもの状態,薬の名称や量などを確認のうえ,直ちに専門の相談機関に連絡し,必要に応じて医療機関を受診しましょう。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは消費生活センターです。

庁舎2階 〒307-8501 茨城県結城市中央町二丁目3番地

電話番号:0296-32-1161 ファックス番号:0296-32-1161

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2015年12月24日
印刷する
スマートフォン用ページで見る