1. ホーム
  2. 子育て・教育
  3. 子育て
  4. ひとり親世帯の方へ
  5. 特定教育・保育施設利用料(保育料)の寡婦(夫)控除のみなし適用

特定教育・保育施設利用料(保育料)の寡婦(夫)控除のみなし適用

寡婦(夫)控除のみなし適用の実施

  結城市では,平成27年4月より,特定教育・保育施設の利用料(保育料)の算定において,申請に基づき未婚のひとり親世帯の方への寡婦(夫)控除を「みなし適用」します。
  婚姻歴があり,既に税法上の寡婦(夫)控除を受けている方は,この「みなし適用」の対象とはなりません。

みなし寡婦(夫)控除とは

  税法上の寡婦(夫)控除は,婚姻していたことが条件であるため,未婚のひとり親世帯の方については,生活環境が同じにも関わらず,控除を受けることが出来ません。結城市ではこの状況を解消するため,特定教育・保育施設の利用料(保育料)の算出根拠である住民税について,未婚のひとり親世帯の方に対しても寡婦(夫)控除をみなし適用し,適用後の住民税から算出します。
  なお,税法上の控除を受けることは出来ませんので,ご了承ください。

対象者

  「婚姻によらないでひとり親世帯となった方」で,保育料が発生しており,かつ,寡婦(夫)の要件を満たす方。
  ※ひとり親世帯の軽減申請を行い,保育料が0円となっている世帯は除きます。

寡婦(夫)の要件

  1. 婚姻によらずに母となっており,婚姻歴がなく,生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万円以下で,他の人の扶養配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がおり,婚姻(事実婚を含む)をしていない方。
  2. 1であり,かつ,20歳未満の子を税法上扶養しており,母の合計所得金額が,500万円以下である。【寡婦控除(特例)の対象】
  3. 婚姻によらずに父となっており,婚姻歴がなく,生計を一にする20歳未満の子(合計所得金額が38万円以下で,他の人の扶養配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる,婚姻(事実婚を含む。)をしていない方。また,父の合計所得金額が,500万円以下である。

適用方法

  寡婦(夫)の要件1,3に該当する場合は,寡婦(夫)控除をみなし適用し,市民税額を算出,求められた市民税額の属する保育料階層で保育料を決定します。
  また,寡婦(夫)の要件2に該当する場合は,寡婦特別控除をみなし適用し,市民税額を算出,求められた市民税額の属する保育料階層で保育料を決定します。 

申請方法

  結城市特定教育・保育施設利用料算定に係る寡婦(夫)控除みなし適用申請書に必要事項を記入し, 申請者・子の戸籍全部事項証明書を添付したうえで,市子ども福祉課窓口へ申請してください。
(有効期限内の児童扶養手当証書によって,戸籍全部事項証明書に代えることが出来ます)

みなし適用後に婚姻など世帯状況に変更があった方

 みなし適用となった方で,婚姻などの理由でみなし適用の要件に該当しなくなった場合は届出が必要となります。詳しくは市子ども福祉課へお問い合わせください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子ども福祉課 保育係です。

〒307-8501 茨城県結城市中央町二丁目3番地

電話番号:0296-54-7003 ファックス番号:0296-49-6718

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る