子どもの予防接種

定期予防接種

法律に基づいて市町村が実施する予防接種です。接種対象年齢内であれば,費用は原則無料です。
全ての種類の予防接種が協力医療機関で,個別接種となります。

 

定期予防接種の種類

 B型肝炎,ヒブ,小児肺炎球菌,BCG,四種混合(DPT-IPV),二種混合(DP),麻しん風しん混合(MR),水痘(みずぼうそう),日本脳炎,子宮頸がん予防ワクチン,※ロタウイルス(令和2年10月1日〜定期予防接種に追加)

小学校入学準備に麻しん・風しんワクチンを受けましょう

麻しん(はしか)や風しんは,ウイルスによって,空気感染する,とても感染力が強い感染症です。お子さんが感染しないためだけでなく,家族や学校など周囲へ感染を広げないためにも予防接種を受けましょう。

平成26年(2014)4月2日~平成27年(2015年)4月1日生まれのお子さんで,まだ麻しん・風しんの予防接種を受けていない方は,かかりつけ医に相談し令和3年3月31日までに受けましょう。期間を過ぎると有料となります。

 

日本脳炎予防接種差控えによる特例対象者について

  1. 平成17年から積極的な勧奨の差し控えの期間があったため,平成12年4月2日~平成19年4月1日生まれで,接種機会を逃した方は20歳までに,未接種分について最大4回(1期初回接種2回,1期追加接種1回,2期1回)まで接種できます。
  2. 平成19年4月2日〜平成21年10月1日生まれで,7歳6か月になる前日までに1期(3回)の接種が終了していなかった場合は,残りの回数を9歳〜13歳になる前日までに定期接種として接種することができます。

対象となる方は母子健康手帳にて,接種履歴をよく確認したうえで未接種分の予防接種を受けましょう。

※2期は,9歳以上のお子さんが対象となります。

  

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンは,平成25年4月1日から定期予防接種として実施しております。同年6月14日から積極的な接種勧奨が差し控えられていますが,接種自体を控えるものではありません。接種を希望する方は,従来通り定期接種としてのHPVワクチンの接種が可能です。

予防接種を受ける際は,ワクチンの有効性と副反応が起こるリスクを十分に理解したうえで,接種をしてください。

 子宮頸がん予防ワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

 

定期予防接種広域事業について

対象となる予防接種の種類:定期予防接種(小児インフルエンザ以外)
対象者:市外のかかりつけ医療機関で予防接種をご希望の方

  • 茨城県内医療機関
     予防接種を受ける際に,母子手帳・結城市予防接種予診票を必ず持参してください。健康増進課への事前申請は不要です。
  • 小山地区医師会加入医療機関
    令和2年度より,健康増進課への事前申請が不要になりました。予防接種を受ける際は,必ず母子手帳・結城市予防接種予診票を持参してください。

※医療機関によって受けることができない場合がありますので,事前に健康増進課または医療機関にご確認ください。

任意予防接種

定期接種以外の予防接種や定期接種を接種対象年齢外で受ける場合は,接種者の希望により受ける「任意接種」となります。
任意接種は有料となります。(医療機関により料金は異なります)

任意予防接種の種類

小児インフルエンザ,ロタウイルス,おたふくかぜ等

 

小児インフルエンザ予防接種の助成について 

小児(0歳~高校3年生相当年齢以下)のインフルエンザ予防接種の費用を一部助成しています。

市内協力医療機関(予防接種協力医療機関参照)で個別接種となります。
※市外の医療機関で受けた場合は助成が受けられません。

対象者:0歳(生後6カ月)~18歳(高校3年生相当年齢)

助成期間:令和2年10月1日~令和3年1月31日

助成額:1人1回に限り2,000円

※医療機関の窓口で予防接種費用から助成額(2,000円)を引いた差額が請求されますので,差額をお支払いください。医療機関により予防接種費用が異なりますのでご注意ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課 管理係です。

〒307-8501 茨城県結城市中央町二丁目3番地

電話番号:0296-32-7890 ファックス番号:0296-32-8350

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る