在外選挙制度

外国に住んでいても,あなたの一票が国政に生かされる,それが「在外選挙」です。

平成10年(1998年)5月6日,在外選挙の実施のための「公職選挙法の一部を改正する法律」が公布されました。これにより,平成12年(2000年)5月以降の国政選挙(衆議院議員選挙及び参議院議員選挙)から,海外にお住まいの有権者の皆さんも投票に参加できるようになりました。

これまでに行われた在外選挙では,衆議院及び参議院ともに比例代表選出議員選挙に限定されていましたが,平成18年(2006年)の公職選挙法の一部改正により,平成19年(2007年)6月1日以降に行われる国政選挙から,衆議院小選挙区選出議員選挙,参議院選挙区選出議員選挙と,これらに係わる補欠選挙及び再選挙についても投票できるようになりました。

海外で投票を行うためには,在外選挙人名簿への登録手続きが必要です。
登録申請には,在外公館申請と出国時申請の2つの方法があります。
詳しくは,「在外選挙人名簿登録申請案内チラシ」(本ページからダウンロードできます)または総務省ホームページ(新しいウインドウで開きます)をご覧ください。

(1)在外公館申請

・国外転出後,在外公館(日本大使館,日本総領事館(出張駐在官事務所を含む))で登録申請を行う方法です。
・登録されるためには,領事館の管轄区内に3ヵ月以上,住所を有することが必要です。
・登録申請から在外選挙人証の交付まで約3ヵ月要します。

(2)出国時申請(平成30年6月1日から開始)

・最終住所地の市町村の選挙人名簿に登録されている方が対象です。
・転出届提出と同時に登録申請が可能です。(申請の際,本人確認書類の提示が必要となります。)

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは選挙管理委員会です。

〒307-8501 茨城県結城市中央町二丁目3番地

電話番号:0296-34-0402 ファックス番号:0296-54-7009

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る