1. ホーム>
  2. くらし情報>
  3. 健康・福祉>
  4. 介護>
  5. 介護保険>
  6. 介護保険料について

健康・福祉

介護保険料について

 介護保険料は,第1号被保険者(65歳以上の方)と第2号被保険者(40歳から64歳の方)で算定方法と納め方が異なります。

第1号被保険者の保険料

  • 保険料の算定について

 第1号被保険者の保険料は,各市町村の介護サービス等の見込額を基に算定されるため,各市町村で金額が異なります。平成30年度から令和2年度(第7期計画期間)の結城市の介護保険料の基準額は,平成27年度から平成29年度(第6期計画期間)と同額に据え置き,58,800円(4,900円/月)となります。

 また,団塊の世代が75歳以上となる2025年には,介護を必要とする可能性が高くなる高齢者の増加に伴い,介護サービスなどの費用も増加すると見込まれています。今後の介護保険制度の改正や介護サービスなどの見込額の状況などにより変動する可能性がありますが,2025年の介護保険料の基準額(第5段階)は,88,176円(7,348円/月)と推計しています。介護保険料の上昇を抑えるためにも,高齢者の自立支援と重度化を防止する取り組みを重点的に進めていきます。

 

結城市の平成30年度~令和2年度の基準額 58,800円(4,900円/月)

 基準額の算出方法 (結城市で必要な介護サービスなどの総費用額)×(65歳以上の負担分23%)÷(結城市に住む65歳以上の方の人数)=保険料の基準額

 

 保険料は,基準額に基づき,本人および世帯の所得状況等により10段階に分かれます。また,この負担能力に応じた所得段階とは別に,平成27年度から公費負担(国,県,市)により第1段階の方の保険料の負担軽減を実施しています。さらに令和元年度から令和元年10月の消費税率引き上げを財源として,低所得者の方の負担軽減を拡大し,次のとおり第1段階から第3段階の方の保険料負担を軽減します。なお,第4段階以降の方の保険料については変更はありません。

令和2年度の介護保険料

所得段階 対象となる方 調整率 公費
負担
本人負担
割合
保険料
(年額)
第1段階 生活保護受給者,世帯全員が市民税非課税の老齢福祉年金給者(注1)および世帯全員が市民税非課税で本人の前年の合計所得金額(注2)と年金収入の合計が80万円以下の方 0.50 0.20 0.30 17,640円  
第2段階 世帯全員が市民税非課税で前年の合計所得金額と年金収入合計が80万円を超え120万円以下の方 0.75 0.25 0.50 29,400円  
第3段階 世帯全員が市民税非課税で前年の合計所得金額と年金収入合計が120万円を超える方 0.75 0.05 0.70

41,160円 

第4段階 世帯の誰かに市民税が課税されているが,本人は市民税非課税で前年の合計所得金額と年金収入が80万円以下の方 0.90 0.90 52,920円  

第5段階
(基準額)

世帯の誰かに市民税が課税されているが,本人は市民税非課税で前年の合計所得金額と年金収入合計が80万円を超える方

1.00 1.00 58,800円  
第6段階 本人が市民税課税で前年の合計所得金額が120万円未満の方 1.20 1.20 70,560円  
第7段階 本人が市民税課税で,前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満の方 1.30 1.30 76,440円  
第8段階 本人が市民税課税で,前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の方 1.50
1.50 88,200円  
第9段階 本人が市民税課税で,前年の合計所得金額が300万円以上400万円未満の方 1.70 1.70 99,960円  
第10段階 本人が市民税課税で前年の合計所得金額が400万円以上の方 1.75 1.75 102,900円  

(注1)老齢福祉年金とは…明治44年(1911年)4月1日以前に生まれた方,または大正5年(1916年)4月1日以前に生まれた方で一定の要件を満たしている方が受けている年金です。

(注2)合計所得金額とは…収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額の合計のことで,扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。合計所得金額から長期譲渡所得および短期譲渡所得に係る特別控除額と公的年金等に係る雑所得(第1段階から第5段階)を控除した額を用います。

※月額の介護保険料は,基準額の負担割合を乗じて,10円未満を切り捨てた額です。

 

  • 保険料の納め方について

 納め方は受給している年金の額によって次の2通りに分かれます。

  特別徴収 年金受給額が年額18万円以上の方は,年金から天引きになります。

  普通徴収 年金受給額が年額18万円未満の方は,納付書または口座振替により納めます。

※個人で納め方を選ぶことはできません。

 

第2号被保険者の保険料

  • 保険料の算定と納め方について

 第2号被保険者の保険料は,それぞれ加入する医療保険ごとに保険料の額が決定され,医療保険料に介護保険料が上乗せされて徴収されます。

  国民健康保険に加入されている方 納付書または口座振替により世帯主が納めます。

  職場の健康保険に加入している方 給料天引きにより徴収されます。

※健康保険の被扶養者となっている方については,ご自分で保険料を納める必要はありません。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは介護保険課 介護保険係です。

〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-34-0417 ファックス番号:0296-20-8767

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る