くらし・手続き

不法投棄・野焼きの禁止

不法投棄・野焼きの禁止

廃棄物の不法投棄及び野焼きは,「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で禁止されています。

 

●不法投棄の禁止
公共の河川や道路のほか,山林や田畑などへ廃棄物を捨てたり,放置したりすることは禁止されています。

 

●野焼きの禁止(平成13年4月1日施行)
下記の例外を除き,適正な焼却設備を使わずに,木くず,紙くず,廃プラスチック等を積み上げて燃やしたり,穴を掘って燃やしたりすることは禁止されています。


 ◆焼却禁止の例外◆
1 国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
  (例:河川管理者による河川管理のために伐採した草木等の焼却等)

2 震災,風水害,火災,凍霜害その他の災害の予防,応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却
  (例:災害時における木くず等の焼却,凍霜害防止のための稲わらの焼却等)

3 風俗習慣上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物焼却
  (例:どんと焼き等)

4 農業,林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
  (例:農業者が行う稲わら等の焼却等)

5 たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの
  (例:たき火,キャンプファイヤーを行う際の木くず等の焼却等)

 


◆届出不要の焼却設備を使用する(している)事業者へ◆

下記の構造基準に該当しない施設については違法になります。また,管理状況についても同様です。

〔廃棄物を焼却する場合の焼却設備の構造基準〕(平成14年12月1日施行)

1 空気取入口及び煙突の先端以外に焼却設備内と外気とが接することなく,燃焼室において発生するガス(以下「燃焼ガス」という。)の温度が摂氏800度以上の状態で廃棄物を焼却できるものであること。

2 燃焼に必要な量の空気の通風が行われるものであること。

3 外気と遮断された状態で,定量ずつ廃棄物を燃焼室に投入することができるものであること(ガス化燃焼方式その他の構造上やむを得ないと認められる焼却設備の場合を除く。)。

4 燃焼室中の燃焼ガスの温度を測定するための装置が設けられていること。

5 燃焼ガスの温度を保つために必要な助燃装置が設けられていること。

 

●不法投棄・野焼き等を発見した時は・・・
 ・茨城県フリーダイヤル(不法投棄110番) 0120-536-380
 ・結城市生活環境課 0296-34-0370(直通)
 ・茨城県県西県民センター環境・保安課 0296-24-9127
 ・結城警察署生活安全課 0296-33-0110(代表番号)
 【早朝夜間・土日祝日・年末年始で緊急の場合】 茨城県警察本部110

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

第2庁舎1階 〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-34-0370 ファックス番号:0296-33-1941

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年1月9日
  • 【更新日】2015年6月10日
印刷する
スマートフォン用ページで見る