健康・福祉

茨城県全域に「インフルエンザ警報」が発令されました。

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱,頭痛,関節痛,筋肉痛等,全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように,のどの痛み,鼻汁,咳等の症状が見られます。インフルエンザは流行性があり,いったん流行が始まると短期間に多くの人に感染が拡がります。日本では,例年12月~3月に流行します。

 

飛沫感染対策としての咳エチケット

インフルエンザの主な感染経路は咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。したがって飛沫を浴びないようにすればインフルエンザに感染する機会は大きく減少します。普段から咳エチケット【(1)他の人に向けて咳やくしゃみをしない。(2)咳やくしゃみが出るときはマスクをする。(3)手のひらで咳やくしゃみを受け止めたら手を洗う】を心がけましょう。

※咳エチケット用のマスクは,不織布製マスクの使用が推奨されています。マスクの着用は説明書をよく読んで正しく着用しましょう。

予防対策

・外出後のうがい・手洗いを心がけましょう

・乾燥しやすい室内では,加湿器等を使って適切な湿度(50~60%)を保ちましょう

・十分な休養と栄養バランスのとれた食事で抵抗力をつけましょう

・人混みや繁華街への外出を控えましょう

※特に高齢者や基礎疾患のある方,妊婦,乳幼児の方はインフルエンザにかかると重症化しやすいため注意が必要です。インフルエンザの疑いがある時は早めに医師の診察を受けましょう。

 

予防接種

インフルエンザワクチンは,感染後に発病する可能性を低減させる効果と,インフルエンザにかかった場合の重症化防止に有効と報告されています。発病防止や重症化防止のため,接種を希望する方は早めに接種しましょう。

 

インフルエンザにかかった場合の対応

・早めに医療機関を受診して治療を受けましょう。

・安静にして休養を取りましょう。特に睡眠を十分に取ることが大切です。

・水分を十分に補給しましょう。

・一般的にインフルエンザが発症してから3~7日間はウイルスを俳出していると言われていますので,その間は外出を控えましょう。

 

 外部リンク

インフルエンザ流行情報および学級閉鎖等措置・集団発生等の状況

 平成30年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?