1. ホーム>
  2. くらし情報>
  3. 健康・福祉>
  4. 高齢者>
  5. 高齢者福祉サービス>
  6. 介護予防・日常生活支援総合事業

健康・福祉

介護予防・日常生活支援総合事業

 平成29年4月から,結城市では,みなさまと共に地域の支え合い体制づくりを推進し,介護保険を利用される方に効果的かつ効率的な支援をおこなうために,介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」といいます。)を開始します。

 

総合事業の全体像

『』の画像 

  

総合事業の構成(平成29年4月現在)

 これまで市町村が実施してきた「介護予防事業」は見直され,介護予防給付のうち「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」について,全国一律の基準に基づくサービスから,地域の実情に応じて市町村が効果的かつ効率的なサービスを創設することができることとなりました。総合事業の構成は,要支援者及び事業対象者向けの「訪問型サービス」,「通所型サービス」,「介護予防支援事業」からなる「介護予防・生活支援サービス事業」と,全ての高齢者を対象とした「一般介護予防事業」で構成されます。

 なお,要支援者向けの「介護予防訪問看護」や「介護予防福祉用具貸与」等の「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」以外のサービスは,従来どおり予防給付で行うこととなります。

 

 『『』の画像』の画像

 

総合事業利用対象者

 結城市の被保険者(他市町村施設にいる住所地特例者を除く)及び市内施設の住所地特例者のうち次の方が利用できます。

(1)介護予防・生活支援サービス事業

〇要支援認定者

 平成29年4月以降に新規・区分変更や更新により要支援認定を受けた方

〇事業対象者

 要支援相当の状態にあり基本チェックリストにより事業対象者と判断された方

※基本チェックリストとは

 厚生労働省が作成した25の質問により,「運動機能」「低栄養」「口腔機能」「生活機能」「閉じこもり」「認知機能」「うつ」などの機能や症状をチェックするもので,必要な方は,以前より早くサービスを利用することができます。

(事業対象者の有効期間は定めないこととします)

(2)一般介護予防事業

〇第1号被保険者(65歳以上の方)

 

総合事業のサービス

 基本チェックリストにより,事業対象者となられた方は,介護支援専門員(ケアマネージャー)が作成するケアプランに応じて,次のサービスを受けることができます。

訪問型サービス

〇介護予防訪問介護相当サービス(ホームヘルプ)

 ホームヘルパーが訪問し,生活援助(買い物,調理,洗濯,掃除等),身体介護(食事や入浴の介助)を利用者とともに行います。

 

 通所型サービス

〇介護予防通所介護相当サービス(デイサービス)

 通所介護施設(デイサービスセンター)で,食事や入浴などのサービスや生活機能の向上のための支援などを日帰りで受けられます。

 

 総合事業 介護予防(訪問・通所)介護相当サービス事業所関連ページ(新しいウインドウで開きます)

 

〇短期集中型通所介護予防サービス(生活楽々塾)

 結城市独自の約3か月の短期間に集中して行うサービスです。リハビリの専門職による講話や体操など,生活機能を改善するためのプログラムを無料で受けることができます。

 日程

 年2回コース(1コース10回)開催 1回90分のプログラムです

 ・前期: 6月~9月(月曜日午後)

 ・後期:11月~1月(月曜日午後)

 ※教室の時間以外で,講師が参加者宅を訪問し,今後の生活に向けた相談に応じたり,アドバイスをいたします。

 会場

  生きがいふれあいセンター(結城市大字鹿窪514-9)

 送迎

  希望者送迎あり(無料)

 

※詳細につきましては,リーフレットにも記載されておりますのでご覧ください。

 介護予防・日常生活支援総合事業リーフレット(表面)

 介護予防・日常生活支援総合事業リーフレット(裏面)

サービス利用までの流れ

 適切な介護予防を実施するために,サービス振り分け確認表により,介護認定申請か,基本チェックリスト判定による総合事業の利用かを判断した後に,それぞれの手続きを進めていくことになります。

 

『』の画像

 

介護予防サービス利用者の移行

 一斉に移行は行わず,更新申請により要支援認定を受けた被保険者について,順次,総合事業へ移行します。(区分変更申請により要支援認定を受けた者も含みます)

 平成29年4月1日以前から,介護予防訪問・通所サービスを利用している方は次回の更新までは引き続き予防給付としてサービスを利用します。更新後,介護予防訪問・通所サービスを利用する場合は予防給付から総合事業に移行することになります。

『』の画像

 

利用者負担と利用限度額

〇利用者負担

・現行相当サービスに係る利用者負担は,現在の介護給付の利用者負担割合(所得に応じて1割,2割,3割)と同じです。

〇利用限度額

・要支援認定を受けた方については,現在適用されている利用限度額の範囲内で,サービスをご利用いただくことができます。   

・基本チェックリストにより事業対象者と判断された方は,要支援1の利用限度額と同額とします。

 

介護予防・日常生活支援総合事業 Q&A

 

No. 分 類 質 問 回 答
1 対象者及び利用手続き 第2号被保険者が総合事業(介護予防・生活支援サービス)を利用していたが更新の結果,非該当となった場合には,サービスは利用できないのか。 サービスの対象者は,要支援認定者又はチェックリストに該当した第1号被保険者(事業対象者)とされていることから,第2号被保険者がサービスを利用する場合には,要支援認定を受けることが必要です。
2 対象者及び利用手続き 認定更新が遅延した場合,非該当となる可能性がある場合には,事業対象者と見込んで対応した方がよいのか。     また,要支援の可能性の高い場合も同様の対応をした方がよいか。 要介護認定申請(更新)とあわせて基本チェックリストを実施することは出来ませんので,認定更新が遅延した場合は,従来と同様の対応になります。
3 対象者及び利用手続き 要支援の認定更新をせず,認定期間が終了しても,希望があれば総合事業(介護予防・生活支援サービス事業)のサービスを利用できるのか。 認定更新をせずに認定期間が終了した方は,そのままでは,総合事業(介護予防・生活支援サービス事業)を利用することはできません。利用を希望する場合は,認定を受けるか,チェックリストにより事業対象者に該当すれば,サービスを利用することができます。
4 請求関係 新規,区分変更,利用者の希望等により月途中から総合事業(介護予防・生活支援サービス事業)を利用する場合,報酬の日割り計算について介護予防給付との違いを知りたい。 介護予防給付においては,サービス提供事業所と月途中に契約しサービスを利用開始しても,月額包括報酬をそのまま算定できましたが,総合事業(介護予防・生活支援サービス)においては日割りで算定する必要があります。     市ホームページに掲載している「月額包括報酬の日割り請求にかかる適用について」を参照してください。
5 サービス内容 短期集中型通所介護予防サービスの詳細を教えてほしい。 市ホームページに掲載している「短期集中型通所介護予防サービス」をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは長寿福祉課です。

本庁舎1階 〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-45-6672 ファックス番号:0296-20-8767

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る