1. ホーム>
  2. 観光情報>
  3. 結城紬の紹介>
  4. 結城紬の紹介・製作工程

結城紬の紹介

結城紬の紹介・製作工程

 

 日本最古の歴史を有する高級絹織物。全行程が手作業で行われ,その中でも糸つむぎ・絣くくり・地機織りの3工程は昭和31年に「国重要無形文化財」に,昭和52年に「伝統的工芸品」に,そして平成22年には「ユネスコ無形文化遺産」に登録され,日本が世界に誇る文化となりました。
 ふわっと軽い上にあたたかく,着物はもとより名刺入れや財布,バッグ,ネクタイなど様々な紬製品が作られています。

『本場結城紬反物【重要無形文化財】』の画像 『結城紬きもの(縞)』の画像

結城紬の歴史

 結城紬の原型は,奈良時代に常陸国から朝廷に献上されていた「絁(あしぎぬ)」と言われています。
 その後,常陸紬と呼ばれるようになり,鎌倉時代には,見た目が質素で丈夫なことから関東の武士にも好まれ,結城地方が生産の中心となっていきました。
 室町時代の頃には「結城紬」の名で幕府や関東管領に献上され,全国的に著名な物産となりました。
 江戸時代にさらに改良が加えられ,当時の百科事典と言われる『和漢三才図会』には最上品の紬として紹介されています。

結城紬の製作工程

 結城紬が完成するまでには,いくつもの工程が必要です。
 重要無形文化財の指定要件とされ,ユネスコ無形文化遺産にも登録された「糸つむぎ」,「絣(かすり)くくり」,「地機(じばた)織り」の技術をはじめ,その工程のほとんどが手作業です。
 世界でも類を見ない,手で紡いだ無撚糸(むねんし)の糸を使用し,織り手が腰の力で加減を調整しながら織りあげることで,軽くて暖かい結城紬独特の風合いが生み出されるのです。

『『結城紬_糸つむぎ』の画像』の画像 『『結城紬_絣くくり』の画像』の画像 『『結城紬_地機織り』の画像』の画像

 下記画像をクリックすると製作工程の拡大ページが見られます(PDF形式:3578KB)

『結城紬ができるまで(文化係作成結城紬パンフレットより)』の画像

結城紬に関するお問い合わせ

生産・販売について
結城市産業経済部 商工観光課 電話 0296-34-0421

歴史・文化財について
結城市教育委員会 生涯学習課 電話 0296-32-1899

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは商工観光課です。

西庁舎2階 〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-34-0421 ファックス番号:0296-32-7123

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年1月30日
  • 【更新日】2016年4月22日
印刷する
スマートフォン用ページで見る