子育て・教育

国民年金の仕組み

公的年金制度について

国民年金は,公的年金の基礎となるもので,日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人は,外国人も含めて公的年金への加入が義務付けられています。老後の生活保障だけでなく障害になったときなどの保障を行うことを目的にした制度です。

国民年金の加入者は職業などによって次の3種類に分けられています。

種別

加入対象者

加入届け先

第1号被保険者

自営業者,農林漁業従事者,学生,フリーターなどの第2号被保険者と第3号被保険者に該当しない20歳以上60歳未満の方

結城市役所 保険年金課

第2号被保険者

会社員,公務員などの被用者年金制度加入者

勤務先

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者

配偶者の勤務先



任意加入できる方

以下の方は,国民年金に任意加入することができます。

・ 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の人で,老齢基礎年金が満額に達していない人

・ 日本国籍を有し海外に居住している20歳以上65歳未満の人

・ 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人で,老齢厚生年金・退職共済年金の受給者

・ 昭和40年4月1日以前に生まれた人で,日本国内に住所を有する65歳以上70歳未満の方で老齢基礎年金の受給権を満たしていない人

 

 

国民年金の保険料と前納割引制度

平成30年度の保険料は月額16,340円です。(年間納付額196,080円)

平成29年度国民年金保険料から150円引下げとなります。


 一定期間の保険料をまとめて納付する場合(前納)は,保険料の割引がされます。
納付方法によって割引額が以下のとおり異なります。

納付方法

納付期間

前納額

口座振替

2年度分前納

377,350円(割引額15,650円)

1年度分前納

191,970円(割引額4,110円)

6ヵ月分前納

96,930円(割引額1,110円)

1ヵ月分前納(早割)

16,290円(割引額50円)

現金納付・

クレジットカード納付

2年度分前納

378,580円(割引額14,420円)

1年度分前納

192,600円(割引額3,480円) 

6ヵ月分前納

97,240円(割引額800円)

  • 平成29年4月より,新たに現金・クレジットカード納付による2年前納が可能になりました。
  • 口座振替の1年,2年前納は2月末までに手続きをされた場合に限ります。
  • 現金払いでの前納は,1年度分や6か月分だけではなく,任意の月分から当年度末または翌年度末までの分を前納することも可能です。この場合,専用の納付書が必要となりますので,お問い合わせください。



付加年金とは

第1号被保険者や任意加入被保険者(65歳以上の方を除く)が定額保険料に付加保険料をプラスして納付すると,老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。

付加保険料は,月額400円です。付加年金の受給額は,200円×付加保険料納付月数です。

※付加年金は,国民年金基金に加入されてない方が対象になります。
※付加年金を納めるには手続きが必要です。


こんなときには届出を

こんなときは

種別

これを用意して届出を

20歳になって初めて加入するとき(厚生年金・共済組合など加入者を除く)

第1号

日本年金機構から届いた資格取得届,印鑑
厚生年金・共済組合などに加入したとき

第1号⇒第2号

印鑑・年金手帳・健康保険証
厚生年金・共済組合に加入している配偶者の扶養になったとき

第1号⇒第3号

配偶者の勤め先で手続きをお取りください
厚生年金・共済組合などをやめたとき

第2号⇒第1号

印鑑・年金手帳・離職証明などの退職日のわかるもの
厚生年金・共済組合などをやめた夫(妻)の扶養だったとき

第3号⇒第1号

健康保険資格喪失証明書などの夫(妻)の扶養になっていたとわかるもの

年金手帳を紛失したとき

第1号の方

身分証明書,印鑑

第2号,第3号の方

(配偶者の)勤め先で手続きをお取りください

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課 国保年金係です。

〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-34-0418 ファックス番号:0296-33-6628

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る