1. ホーム>
  2. 市政情報>
  3. 情報公開>
  4. 情報公開制度

市政情報

情報公開制度

情報公開制度とは

情報公開制度とは,開かれた市政の実現と市民参加による公正で効率的な市政の発展に資することを目的として,市長部局(水道事業を含む。),教育委員会,選挙管理委員会,公平委員会,監査委員,農業委員会,固定資産評価審査委員会及び議会が保有している情報を,請求に基づいて,公開する制度です。

制度を実施する機関

情報公開制度を実施する機関(実施機関)は,市長部局(水道事業を含む。),教育委員会,選挙管理委員会,公平委員会,監査委員,農業委員会,固定資産評価審査委員会および議会の機関となります。

公開を請求できる情報

実施機関の職員が平成9年度以降に職務上作成又は取得した文書,図面,写真及びフィルムで,決裁の手続が終了し,実施機関が管理している情報です。

公開制度を利用できる方

  1. 市内に住所を有する方
  2. 市内に事務所又は事業所を有する個人及び法人その他の団体
  3. 市内の事務所又は事業所に勤務する方
  4. 市内の学校に在学する方
  5. 市に納税義務を有する方
  6. 前各号に掲げるもののほか,実施機関が行う事務事業に利害関係を有するもの

請求の方法

公開を請求しようとする場合は,「情報公開請求書」に必要な事項を記入して提出していただきます。

非公開事項

実施機関は,個人のプライバシー保護などのため,次の情報が記録された場合を除き原則として公開します。なお,非公開の情報が一部分の場合には,公開できる情報のみ部分的に公開します。

  1. 法令秘情報
    法律や条令等の規定により公開できない情報
  2. 個人情報
    特定の個人が識別することができる情報(ただし,職務上の公務員の職氏名は公開します。)
  3. 事業活動情報
    法人等に関する情報で,公開することによって営業等に不利益を与えるおそれがある情報(ただし,人の生命や財産を保護するために公開することが必要であると認めるものは公開します。)
  4. 生活安全捜査情報
    公開することによって公共の安全や秩序の維持,犯罪の捜査に支障を及ぼすおそれのある情報
  5. 国等協力関係情報
    公開することによって,国や県,他の市町村等との協力関係や信頼関係を損なうおそれのある情報
  6. 意思形成過程情報
    市の事業等で最終的な意思決定がされていない情報で,公開することにより誤解や混乱を生じさせたり,特定の者に利益または不利益を与えるおそれのある情報
  7. 行政執行情報
    検査,取り締まり,試験等のように,公開することによって事務事業の目的や公正な執行が損なわれるおそれのある情報

公開非公開の決定

公開の請求があった場合は,請求のあった日から15日以内に公開・非公開の決定をし書面で通知します(やむを得ない理由がある場合は延長する場合があります。)。

決定に不服があるとき

決定に不服があるときは,行政不服審査法により実施機関に不服申し立てをすることができます。実施機関では,この不服申し立てがあった場合は,第三者で構成する「結城市情報公開・個人情報保護審査会」に諮問し,市の行った決定が正当であったかを審議してもらい答申を受けて再決定します。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 総務係です。

〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-34-0402 ファックス番号:0296-32-5917

メールでのお問い合わせはこちら
  • 【アクセス数】
  • 【公開日】2015年1月15日
  • 【更新日】2017年10月13日
印刷する
スマートフォン用ページで見る