1. ホーム>
  2. くらし情報>
  3. くらし・手続き>
  4. 各種証明>
  5. 原戸籍(改製原戸籍)謄本・抄本

くらし・手続き

原戸籍(改製原戸籍)謄本・抄本

法律等の改正によって,今までの戸籍を新しい戸籍に作り変えることを改製といい,作り変える前の戸籍のことを「改製原戸籍」といいます。

これまでに何度か改正が行われており,昭和22年の改正では,戸主制の廃止によりそれまでの「家」単位から,「1組の夫婦とその子」単位で戸籍を編成することになりました。

また,平成6年の改正では戸籍をコンピュータによって取り扱うことができるようになりました。
そのコンピュータ化される際に元となった紙の戸籍も改製原戸籍と呼ばれています。前述の改製原戸籍と区別して「平成改製原戸籍」とも呼ばれています。
結城市では平成19年12月に戸籍のコンピュータ化を実施いたしました。

請求できる方

・本人または請求する戸籍に記載されている方
・配偶者,直系親族の方
・代理人(委任状が必要)

手数料

750円

必要なもの

・申請書
・窓口に来られる方の身分証明書(運転免許証・住民基本台帳カード・パスポートなど)
・委任状(代理人の方の場合)
※直系の方でも結城市の戸籍で親族関係が確認できない場合は,関係がわかる書類(戸籍謄本など)が必要です。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課です。

本庁舎1階 〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-34-0409 ファックス番号:0296-33-0478

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る