ビジネス・産業・建築

森林の取得・伐採について

森林の土地の所有権移転等の事前届出(茨城県水源地域保全条例に基づく届出制度)
 
 茨城県では,平成24年10月3日付けで,茨城県水源地域保全条例を施行しました。
 この条例に基づき,平成25年1月31日以後に森林の土地売買等の契約を行う場合は,事前に茨城県知事に届出が必要になりました。
 知事が指定する水源地域(山林,原野,保安林,雑種地)内の民有林の土地について,所有権等の権利を有している方が,権利(贈与,売買,交換,地上権設定,永小作権設定,地役権設定,使用貸借,賃貸借)の契約を締結しようとするときに必要となります。

■結城市で指定されている水源地域(大字)
 上成,大木,鹿窪,上山川,七五三場,新宿新田,武井,田間,東茂呂,北南茂呂,矢畑

■届出について
 譲渡人等(契約に係る土地所有権等を有する方)が,契約をしようとする30日前までに茨城県県西農林事務所へ届出を行います。
 詳しくは,茨城県農林水産部林政課ホームページのをご覧ください。茨城県水源地域保全条例のページ (新しいウインドウで開きます)

 

森林の土地を取得したときは,届出が必要です

 平成23年4月の森林法改正により,平成24年4月以降,森林の土地所有者となった方は市町村への事後届出が義務付けられました。なお,この届出により,森林の土地の所有権の帰属が確定されるものではありません。

■対象者
 売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方(国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出している方は対象外です。)

■届出について
 所有者となった日から90日以内に,取得した土地のある市町村に届出を行います。

■様式
 1 森林の土地の所有者届出書

■添付書類
 1 登記事項証明書,土地売買契約書等の写し
 2 土地の位置を示す地図

■パンフレット
 1 森林の土地を取得したとき届出が必要です
 詳しくは,市農政課にお問い合わせください。

 

森林の立木を伐採するときは,事前に手続きが必要な場合があります

 無秩序な林地開発や立木伐採は,森林の多面的機能や周辺環境を損なう可能性があることから,面積に応じて下記の手続きが必要となります。
 森林の面積がおおむね10a以上の所で伐採を行う場合には,事前に手続きが必要かどうか確認を行ってください。

■伐採面積が1ha以下の場合
 「伐採及び伐採後の造林の届出」を,市農政課へ30日前までに提出してください。
 なお,伐採後,造林ではなく転用する場合は,小規模林地開発概要書を添付してください。

■様式
 1 伐採及び伐採後の造林の届出
 2 小規模林地開発概要書

■伐採面積が1haを超える場合
 茨城県県西農林事務所へ「林地開発許可」の申請が必要です。
 詳しくは,茨城県農林水産部林政課のホームページをご覧ください。林地開発許可制度のページ(新しいウインドウで開きます)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課 農業係です。

〒307-8501 茨城県結城市大字結城1447

電話番号:0296-34-0419 ファックス番号:0296-33-6629

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

結城市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る